格安スマホ 安い理由

格安スマホはなぜ安いのか

新たなサービスの利用を検討する際には、これまで使い続けてきたサービスと様々な面での比較が必須であり、費用だけでなくサービスの質もまた詳しく知りたいところです。

スマートフォンを大手キャリアから格安スマホに乗り返る際にもこうした比較を行なう必要があるのですが、格安スマホは料金が安い一方で回線の質は全く同様とされており、なぜ質が同じであるにも関わらず料金が安いのでしょうか。

まず格安会社で使われている回線についてですが、格安会社は回線を自社で設置しておらず、NTT docomoやauから既存の回線を借り受けて利用者に提供しています。

格安会社と大手キャリアの質が同じなのは回線自体が全く同一であるためで、サービスエリアも回線スピードも全てが大手キャリアのスマホを使用した場合と変わらないのです。

回線を借り受けた場合のメリットとしては、新たに自社でインフラ整備を行なう必要がなく、設備の維持運営を行なう必要が無い分だけ利用料を安く出来る点が大きなポイントとして挙げられます。

携帯電話の基地局は一般的な鉄塔で土地や設備込みで1台あたり800万円〜1000万円ほどはすると言われています。

鉄塔局やこん柱局からビル局まで含めて全国的に設置するとなれば資金的に新規の参入は難しく、その分のしわ寄せとして利用者の料金負担もより大きなものになるのです。

格安会社は一見すると新規参入にも見えるのですが、一から事業を始めたのではなく既存の大手キャリアの設備を借り受けていますので、設備の設置や維持運営には全くタッチしておらず、格安スマホが月額料金が低い理由はまさにその点にあるのです。

また販売されているスマホも低スペックの機種や発売から時間が経過した機種などから、安い海外製も多くラインアップしています。

大手キャリアと比較すれば本体価格が大きく抑えられている点も低価格に大きく寄与しており、月額料金とスマホ本体の双方で安価に利用できます。

格安スマホのランキング

▲このページのトップへ