格安スマホ 通信料を安く

格安スマホの通信料を安くするには

格安スマホを利用する際の注意点として、大手キャリアよりもデータ通信量の上限が低く設定されている事が多くあります。

これは料金が低くなればなるほど月あたりのデータ量の上限も低くなる傾向があり、これまでと同様にデータ通信を多く行う場合はやや高めのプランを選択する必要があるのです。

ただ料金を安くする事を目的に乗り換えたにも関わらず、やや高めのプランを選択するのでは意味が無いのですが、データ通信量を低く抑えて料金を安くする方法などはあるのでしょうか。

まずご自宅や職場などで格安スマホを利用する際に固定インターネット回線があれば、スマホのWi-Fi機能を用いて固定回線に接続すると良いでしょう。

固定回線に接続した場合はデータ量にカウントされる事はありませんので、思う存分ネットに接続する事ができます。

また固定回線を利用した場合にはスマホのLTEや3G回線よりも接続スピードが速くなりますので、よりさくさくとネット接続を行うことができるのです。

ただ設置している固定回線に無線LANが付いていない場合はWi-Fiで接続する事ができませんので、最終端末装置に後付で無線LANルーターを繋げる必要があります。

この無線LANルーターはパソコンショップや家電量販店でも販売されており、わずか数千円ほどで購入できますので費用対効果は抜群です。

続いて外出先でネット接続する場合に格安スマホの通信量を抑え料金を安くする方法としては、無料のWi-Fiスポットを利用したり、またモバイルWi-Fiルーターをお持ちであればそちらを利用して接続すると良いでしょう。

無料のWi-Fiスポットはコンビニや飲食店から商業施設を始めとして各所にありますので、スポットの回線を利用すればスマホのデータ量にはカウントされません。

またビジネスマンの方であればモバイルWi-Fiルーターを所有している事も多くありますので、ルーターの回線を用いる事でスマホの料金を安く抑えることが可能です。

格安スマホランキングへ

▲このページのトップへ